【やめとけ】理学療法士を絶対にオススメしない理由5選!

悩む傘

理学療法士になりたいんだけどやめたほうがいいのかな?

理学療法士は一昔前まではあまり知られていなかった職業でしたが、近年では約20万人に増加し、この10年間で倍に膨れ上がっています。

そのため、「理学療法士は飽和状態じゃないの?」「リハビリも介護も一緒にされんじゃないの?」などの理由で理学療法士はやめといた方が良いんじゃないかという意見も湧き上がっています。

そこで今回の記事では理学療法士として10年以上のキャリアを持つ僕が、理学療法士はやめた方が良い理由5選や、こんな方は理学療法士に向いているということを紹介します。

この記事を最後まで読むと「理学療法士ってこんなことが大変なのかー」と理解できるので、自分が本当に理学療法士を目指したいのか、そうではないのかを考えるきっかけになります。

それではどうぞー。

目次

理学療法士はやめた方が良い理由

理学療法士をやめた方が良い理由は以下の通りです。

  1. 給料が安い。
  2. 勉強を続ける必要がある。
  3. 人間関係に悩まされる。
  4. 体を壊す。
  5. 新鮮なことが少ない。

それぞれ解説します。

給料が安い

理学療法士の給料はハッキリ言って低いです。

厚生労働省の職業情報提供サイトによると、理学療法士の平均給料は430.7万円です(平均年齢34.7歳)

悩む傘

34歳で年収430.7万って高いの?安いの?

dodaで公表されている34歳の全産業平均年収と比較します。

平均年収
理学療法士430.7万円
全産業448万円

全産業と比較するとやや低い傾向にあります。

ただ、大事なのは30代からの伸びしろですよね。

そこで50代の理学療法士の年収を調査しました。

50代前半50代後半
理学療法士の年収504万556万

50代で500万というのは高いのか安いのか分からないですよね。そこでdodaで公表されている全産業の平均年収を調べました。

その結果全産業の50代平均年収は613万と理学療法士よりも高いことが分かりました。

しかも30代の時よりも年収の差が広がっています!

つまり全産業と比較しても理学療法士は昇給率が悪いです。

ぶっちゃけ理学療法士の給料でどう生活してる?

30代、子供が2人いる我が家の日常生活を紹介します。

  • 外食は月1なんとか行ける(基本一番安いメニューで我慢)
  • 子供のおもちゃはリサイクルショップ(アルコールで拭き拭きが大変)
  • 昼食は自分で作る(味なんて楽しめない)
  • 服は1年間で買うか買わないか(ユニクロは高級の部類)
  • 夏休みは沖縄に行ける、ハワイには行けない。

節約・節約でなんとか日々の生活を送れているので、余裕のある生活を送りたい方にはこの言葉を送ります。

「理学療法士はやめとけ!!」

勉強を続ける必要がある

「医療の世界は日進月歩である」

これは医療に携わる人なら誰しもが実感していることです。

「より良いリハビリを患者様に提供したい!」「遊ぶ時間を減らしてでも勉強に時間を費やしたい」というやる気満々の方なら勉強し続けることは苦になりません。

一方で僕みたいにライフワークバランスを大切にしたいという方にとっては勉強をし続けるということ自体が苦になる可能性があります。

特に子供ができると勉強に費やす時間は減ってしまうし、外部講習に参加する時間があれば家族サービスに時間を使う方も多いと思います。

そんなこんなで勉強に費やす時間が減ってしまうと、他のやる気満々勉強大好き理学療法士との差がつき、取り残されたような感覚に陥ります。

“プライベート時間を削ってでも患者様のために勉強をしたい!”という方には天職ですが、“勉強をずっと続けるのは辛い”という方は理学療法士になると辛い日々が待ち受けているかもしれません。

人間関係に悩まされる

職場の悩みは人間関係が多いと言いますが、理学療法士の世界でも当てはまります。

職場にもよりますが、理学療法士は体育会系の人が多いので礼節には厳しい方が多いです。

これは僕の実体験ですが、患者様の治療方針について先輩と相談していた時に、意見が合わずに反論したところ、その後2時間近く説教をされました。そのあとはもうヘトヘトです。

優しい先輩も数多くいますが、一定数は厳しい先輩がいることは間違いありませんし、そのような先輩ともうまく人間関係を構築する能力が求められます。ちなみに僕はその後説教された先輩といざこざなく普通に接することができました。

また、患者様の中には不平不満が多い方もいますし、リハビリ拒否のある方も少なくありません。

そのような方に対して低姿勢で不快な思いをさせずにリハビリをしてもらわないといけないので精神的にはすり減ります。これが1回ならまだしも週5日間行わないといけないので大変です。

他にも医者や看護師、MSWなどとにかくたくさんの部署の方と関係性を構築する必要があるので、人間関係を作るのが苦手という方は理学療法士はオススメしません。

体を壊す

よく患者さんに「先生はリハビリのプロだから自分の体は壊さないでしょ?」と言われますが、そんなことありません。

現に僕は腰椎椎間板ヘルニアを仕事中発症してしまいました。

トランスファーといってベッドから車椅子に患者様を移動させる時にヘルニアを発症させてしまったのですが、僕が介助した人は足の力が全く入らず覚醒も悪い方でした。

いくらトランスファーに慣れているといっても介助の重い方を相手にすると体に負担はかかります。

僕の他にも腰痛を抱えている理学療法士は多くいますし、中には手術をした方もいます。

せっかく患者様のためにリハビリしているのに自分の体を壊したら元も子もありません。

もちろん全員が全員体を壊すわけではありませんが、体を壊すのが怖いという方は理学療法士以外の職業が向いています。

新鮮なことが少ない

新鮮なことが少ないという点については働いている部署や病院の特色によっても異なります。

例えば急性期である大学病院や共済関係の病院であれば色々な疾患の患者様が入院されるので、その病気について日々学ぶという点で新鮮なことが多いです。

また、治療手技を学び日々研鑽作業をしている方も新たな発見があり新鮮なことも多いです。

一方で慢性期や老健・有料老人ホームのような場所では患者様の入れ替わりが急性期ほど多くなく状態もあまり変わらないためマンネリ化しやすいです。

マンネリ化というと「日々ちゃんと状態の変化を追っていればそんなことはないはず!」と怒る理学療法士もいそうですが、急性期と慢性期の両方経験ある僕の正直な意見としては慢性期は新鮮なことが少ないです。

マンネリ化が進むと自分の能力の伸びをあまり感じず「現状維持は衰退」という言葉を僕は実感しました。

こうならないように新鮮なことを常に追い求めたいという方は理学療法士として働く環境をしっかり選ぶか理学療法以外の舞台で働くことがオススメです。

理学療法士に向いている人

理学療法士に向いているのは以下のような方です。

  1. 仕事が楽しければ給料は安くても良い。
  2. 勉強が好き。
  3. コミュニケーション能力に自信がある。
  4. 体が丈夫。

理学療法士に向いている人は、上述した理学療法士はやめといた方が良い理由に当てはまらない方です。

僕は理学療法士として10年以上のキャリアを積んでいますが、正直お給料には満足していませんし、仕事でヘルニアを抱えてしまったので理学療法士になっていなければこんなことになっていなかったのにと後悔することは多々あります。

ただ、患者様が良くなって喜んでくれるとこっちも嬉しくなるし、ここまで人から感謝される仕事も他ではあまりないと思います。

色々なマイナスポイントもある職業ですが、“仕事のやりがい”に関してはどの職業と比較しても引けを取らないのではと個人的には考えています。

理学療法士をやめたいけどやめれない場合の対策

「理学療法士はやめとけ」について紹介してきましたが、現在理学療法士の方で、「仕事をもうやめたいけど経済的な理由などによりやめられない」そんな方に対して対応策を紹介します。

  1. 理学療法士として職場を変える。
  2. 理学療法士を辞めて転職する。
  3. ニートになる。

理学療法士として職場を変える

一つ目が理学療法士を続けたまま職場を変えるという選択です。

この選択がオススメなのは「理学療法士は好きだけど、職場環境が好きじゃない」という方です。

僕は3つの職場で働いた経験がありますが、どの職場も雰囲気が全く違います。それはリハビリの部署内の話だけでなく病棟の雰囲気や医師とのコミュニケーションの取りやすさ、患者様の層も職場環境で異なります。

見学に行っただけで職場の雰囲気まで察することができれば良い職場なのかそうじゃないのか判断できますが、正直そこまでは難しいです。

そこでオススメなのが転職サイトを利用することです。

僕はマイナビコメディカル、PTOT人材バンク、PT・OT・ST WORKERに登録して転職活動をしたことがありますが、どちらのサービスも職場の雰囲気を分かる範囲で教えてくれたり、年収など聞きにくいことまで調査してくれましたよ。

見学の時に「これ聞いても大丈夫なのかな?」ということ(例えば年収や休みの取りやすさ、残業時間など)も転職サイトを利用すればお気軽に聞けるという点ではメリットしかありません。

理学療法士の仕事は好きだけど、職場環境が合わないと感じている方は、違う職場への転職することがオススメです。

\ 転職サイトを見てみる /

理学療法士を辞めて転職する

もう理学療法士の仕事自体やめたいという方はいっそのこと他の職業に転職することもオススメです。

僕の知り合いでも理学療法士を辞めて雑誌の編集者になったり、飲食店で働いたり、トラック運転手になったりと辞めていく方も多く見送ってきました。

見ていると理学療法士時代よりも生き生きしている方の割合が多いと感じます。

理学療法士になるには4年間も学校に通う必要があるし、親に学費をたくさん支払ってもらっている恩もあるので、他の道に一歩踏み出しにくいことは間違いありません。

だからと言って自分に合わない仕事を一生続けていくまで自分を縛り上げる必要もありません。

親に学費を出してもらっているんだったら他の仕事をした時に返せば良いでしょうし、理学療法になるまでに培った勉強方法や社会性は無駄になることはありません。

転職にリスクは伴いますが、転職活動にリスクは伴いません。

もし興味のある分野があるのであれば一度話を聞きにいくなど、初めの一歩を踏み出してみることがオススメです。

ニートになる

ニートになるってふざけたこと言ってんじゃないよ!って思ったそこのあなたちょっとお待ちください。

これは僕の実際の体験談です。

具体的には僕はワーキングホリデーに一年間行った経験があるので、履歴書には空白の一年間が刻まれています。

ニート期間というのは自分が本当に何がしたいのか考えるのには良い時間です。

働いている時って忙しくて忙しくてしょうがないので休み時間が欲しいーって思いますよね。

けどニートで時間が有り余ると、自分がやりたいことって何なんだろうって自然と考えるようになります。

僕の場合は元々理学療法士の仕事が好きだけど、海外移住したいという昔からの夢を叶えるためにワーキングホリデーに参加しました。海外にいても「日本に帰ったら理学療法士として働こう」という思いは変わりませんでした。

と言ってもお金がない状況でニートになるのは危険以外の何物でもないので、一年くらいの生活防衛資金が溜まったら一度ニートになって自分の人生を見つめ直すのも悪くないと思います。

そんなことしたら再就職の際かなり不利になるんじゃないかって意見もありそうですが、僕は転職活動で一度も落ちたことはありません。それも5倍くらいの難易度の高い職場の面接ではワーキングホリデーの話しを興味深々に面接官に聞かれ、ほぼそれで受かったんじゃないのかってくらいプラスに働いています。

一度ニートになるということはマイナスに見られがちな一方で、ニート期間に何か行動を起こして自分のやりたいことを見つけられたのであればプラスにしか働きません。

それは僕の転職活動が合格率100%であることが紛れもない証拠です。

まとめ

今回の記事では、理学療法士をやめておいた方が良い理由5選を紹介しました。

やめとけ!理学療法士はオススメしない理由
  1. 給料が安い。
  2. 勉強を続ける必要がある。
  3. 人間関係に悩まされる。
  4. 体を壊す。
  5. 新鮮なことが少ない。

常日頃から勉強が求められ、人のために努力をしているのにも関わらず給料が安い。

それが理学療法士だけでなく医療界の欠点ではないかと個人的に感じています。

「頑張ったら頑張った分だけ報酬を得たい」そんな方は理学療法士ではなく他の職業がオススメです。

ただ、人から感謝されることが多く、自分の知識・技術があれば患者様が良くなっていくことも多いのでやりがいを非常に感じられる職業でもあります。

これから将来の道を考えている方は理学療法士の良い面と悪い面を知った上で自分が行きたい道を検討してください。

今回の記事が道を決めるヒントになれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次