自宅で運動不足解消するアイテム8選。楽に運動できる方法も紹介。

「自宅で運動不足を解消するための便利なアイテムを知りたい!」

今回の記事はそんな悩みを解消させる内容となっております。

プロフィール

記事後半では道具を使わないでも鍛えられるオンラインフィットネスも紹介しているのでぜひ参考にしてください。

この記事を読んでいただければ、あなたに合った自宅運動方法を見つけられるはずです。

それではどうぞー。

目次

自宅で運動不足解消アイテム8選

自宅で運動不足解消アイテム8選は以下の通り。

おすすめアイテム8選
  1. Woutダンベル
  2. ハーフポール
  3. セラバンド
  4. バランスボール
  5. 腹筋ローラー
  6. ウォーキングマシン
  7. 懸垂器具
  8. FLOWIN

それぞれ紹介します。

Woutダンベル

Woutダンベル

Woutダンベルはダンベルにもバーベルにもなる筋トレ道具です。

つまり、これ一つで腕周りから、胸、背中まで鍛えられるのです。

プレートの重さは1.25kg、1.5kg、2.0kgがあり、最大20キロまで負荷量をあげられます。

重量を細かく設定できるので、女性から男性まで自宅で本格的に筋トレをしたい方にオススメです。

Woutダンベルのここがオススメ!
  1. ダンベルにもバーベルにもなる。
  2. 可変式だから好きな重さでトレーニングできる。
  3. 重りが六角形だから転がりにくく怪我予防になる。

詳細をまとめた記事もあるのでぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
【口コミ・レビュー】WOUTダンベルは可変式で自宅筋トレおすすめ WOUTダンベルっておうちで筋トレやるのに便利なの? 自宅でやる筋力トレーニングに人気のある「WOUTダンベル」 普通のダンベルと何が違うの? 今回の記事ではこ...
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ハーフポール

ハーフポールはかまぼこの形をしており、床面に置いた時に安定します。

ストレッチポールだと転がるから不安定という方にオススメです。

ポールの上に寝転ぶだけで体幹トレーニングになるし、寝ながら手足の運動をするとバランストレーニングになります。

詳しい運動方法はこちらの記事も参考にしてください→ストレッチポール公式ブログ

ハーフポール同士つなげることでストレッチポールとして使用できる商品を選ぶことがオススメです。

ハーフポールのここがオススメ!
  1. 乗るだけでトレーニングになる。
  2. 転がらないので安全に運動できる。
  3. つなげるとストレッチポールにできて一石二鳥。

セラバンド

セラバンドは抵抗のかかるバンドのことで、手足に巻いて使用します。

重りを使った高負荷の筋トレとは違い、低負荷の運動となります。

体の奥にある「インナーマッスル」を鍛えるのに有効です。インナーマッスルを鍛えることで関節が安定するので怪我しにくい体が作れます。

セラバンドのここがオススメ!
  1. 低負荷で安全にトレーニングできる。
  2. 手にも足にも使えて色々な部分を鍛えられる。
  3. 安くて保管スペースがいらない。

バランスボール

バランスボールは不安定なボールをことを言い、乗るだけで体がバランスを取ろうとして筋肉が鍛えられます。

バランスボールに乗りながらデスクワークをするだけで体幹トレーニングとなります。

不安定なボールの上で腕立てをしたり、腹筋をすることで運動効果を高めることができます。

バランスボールのここがオススメ!
  1. 遊び感覚で運動できる。
  2. 椅子としても使える。
  3. 運動バリエーションが豊富。

腹筋ローラー

腹筋ローラーとはその名の通り「腹筋を鍛える」ことに特化した道具です。

ローラーが転がるのを抑えながら体を前傾するので腹筋にはかなりの負荷がかかります。

慣れるまでは前に転がってそのまま倒れこむこと間違いなし。初心者は無理のない範囲で転がしましょう。

腹筋ローラーのここがオススメ!
  1. 腹筋が超絶鍛えられる。
  2. 安い。
  3. 床が傷つきにくいよう加工してある。

ウォーキングマシン

最近では自宅でも使用できるウォーキングマシンが増えてきました。

有酸素運動を20分以上行うことで脂肪燃焼に効果的と言われているので、自宅でダイエットに励むにはオススメです。

ウォーキングマシンのここがオススメ!
  1. 自宅で有酸素運動ができる。
  2. 脂肪燃焼できる。

ウォーキングマシンは静音かつ折り畳めて保管しやすいものを選ぶのがオススメ!

懸垂器具

強靭な背筋や腕周りの筋肉をつけるのに懸垂器具は効果的です。

ぶら下がるので安全面に配慮が必要です。

具体的には耐荷重量は体重の2倍以上あるものやフレームが太く安定したものが安全です。画像で紹介している商品は土台がハの字で吸盤が付いていて安定してます。

トレーニングの幅を広げたい方はディップスという胸や肩、上腕三頭筋を鍛えられるマシン(画像の赤いU字部分)が付属しているタイプを選びましょう。

懸垂器具のここがオススメ!
  1. カッコいい背中周りを作れる
  2. 高負荷トレーニングを可能にする。

FLOWIN

FLOWINは体幹や股関節周りを鍛えるのに役立ちます。

マット上にパッドを滑らせながらエクササイズを行います。

パッドの滑りにこだわった商品で、「抵抗にはなるが動きは妨げない絶秒な摩擦力」になるように設計されています。

普段の運動から怪我した際のリハビリなど様々な場面で使用できます。

FLOWINのここがオススメ!
  1. 強靭な体幹を作れる。
  2. 折りたたんで保管ができるのでスペースを取らない。
  3. 運動バリエーションが豊富。
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

自宅で運動不足アイテム番外編|リライブシャツ

リライブシャツ

番外編も一つ紹介させてください。

それは「リライブシャツ」です。

見た目はなんてことない普通のシャツですが、着るだけで筋力や可動域が改善するという凄いシャツなんです。

研究も進められており、エビデンス(証拠)も発表されてるうえに、アメリカでも特許を取得しました。

あわせて読みたい
リライブシャツの科学的根拠を分かりやすく解説します リライブシャツは着るだけで体のパワーや可動域が上がると話題のシャツです。 でも多くの方が「科学的根拠はあるの?」と思っていますよね。 YouTube動画も大げさでやら...

リライブシャツを着ながら運動することで運動の効率があがります。

自宅で運動する相棒としてリライブシャツは効果的です。

詳細をみたい方は以下の記事も参考にしてください。

あわせて読みたい
リライブシャツは効果ない?嘘と言われる理由3選 リライブシャツは効果ないの? リライブシャツって嘘なの?本当なの? 怪しすぎて買えない‥ リライブシャツは“着るだけでパワーや可動域が上がる”ことで有名なシャツで...

楽して鍛えたいならシックスパッド

シックスパッドはEMSという電気刺激を体に加えることで筋肉を刺激します。

簡単に言うと、「装着するたけで筋肉が勝手に収縮する」ので筋トレ効果が得られます。

翌日に筋肉痛になるくらい効果的です。

自宅で楽して鍛えたいという方はシックスパッドを試してみるのもオススメです。

体幹やふくらはぎに刺激を加える機械が有名ですが、腕や足に刺激を加えるパッドもあるため、詳細はこちらから確認してください→シックスパッド公式サイトをみる。

オンラインフィットネスなら道具もいらない

自宅で鍛えたいという方にはオンラインフィットネスもオススメです。

オンラインフィットネスとは、自宅でパソコンやスマホを使用してパーソナルレッスンやビデオレッスンを受けながら運動することを言います。

オンラインフィットネスは自重トレーニングメインで運動指導してくれるので道具は必要ありません。

自重トレーニングとは自分の体重を利用して運動することをいいます。

もちろん自重トレーニングでも、引き締まった体作りは可能です。

オンラインフィットネスは「リーンボディ」が2週間無料体験「SOELU」は100円で30日間体験できるので興味ある方は確認してみてください。

2週間無料体験。もちろん解約も簡単 /

\ 100円で30日間体験。解約も簡単。 /

まとめ

今回の記事では自宅で運動不足解消するアイテム8選を紹介しました。

自宅で運動不足解消アイテム8選
  1. Woutダンベル
  2. ハーフポール
  3. セラバンド
  4. バランスボール
  5. 腹筋ローラー
  6. ウォーキングマシン
  7. 懸垂器具
  8. FLOWIN

アイテムはあるけど一人だとなかなかやる気が出ないというあなたはオンラインフィットネスもオススメです。

道具がなくても全身を鍛えることができるので運動不足解消につながります。

30代、40代の方に向けて運動不足解消オススメ方法も紹介しているのでぜひ参考にしていただければと思います。

あわせて読みたい
【40代】運動不足は何から始めるか徹底解説! 40代に入ってから運動不足になりました。 40代に突入すると階段で息がったり、長く歩けなかったりと体力的な衰えを感じますよね。 この記事は40代の運動不足に悩まされ...
あわせて読みたい
【30代】運動不足解消に何から始めるべき?おうちでできる5つ運動を紹介。 三十路をすぎてから運動不足が深刻化してきた。 30代になると階段で息が上がったり、走るのがきつくなったりして運動不足を実感することが増えますよね。 僕は理学療法...

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次